漢字ナンクロ

- comments(0) - 2月の誕生石

店舗の「雑誌コーナー」を眺めていたら目に止まったものが・・・

「漢字ナンクロ」雑誌〜『漢字力ぐんぐん上昇!』に惹かれました。

 

日々、できるだけ文字を書くことを心がけていますが、

確実に文字を書く量は少なくなっています。

読めるけど書けないのが「漢字」です。

テレビのコマーシャルで

『檸檬・・漢字です。ぼくは書けるようになりました』に触発され、

練習しました。書けるようになりました。

このようなむずかしい漢字でなくても、書いてみることが大事です。

 

目に止まった雑誌(7月号)を購入し、早速やってみました。

四字熟語や三字熟語が中心ですが、初めて知る熟語もありました。

「下学上達」・・・このPCでは一発で変換しました。

私の無知ということになりますね。

「下地中分」・・・あら、これも。

「夢想無念」・・・ん〜ん、これも。

難易度が★、★★、★★★ と三段階になっています。

熱中してしまいます。

頭の体操にはとてもよいものを見つけました。

手がかりになる熟語から攻略していきます。

四字熟語のうち、二字が書かれているものから先に埋めていきます。

この写真のページは難易度が ★★ でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

マスクケース

- comments(0) - 2月の誕生石

外出には必須となったマスク・・・

元々マスクは苦手だったので、自分の車の中や

だれもいない屋外で『マスクをはずす』のが快感です。

しかし、携帯することは忘れません。

 

COOPでかわいい小さなケースをもらいました。

出資金を1,000円以上増資すると、期間限定でプレゼントがつきます。

(自分の残高が増え、その分COOPで資金運用できる)

今年は、かわいらしい「ティッシュポーチ」です。

何を入れようかと眺めていたら、思いつきました。

はずしたマスクを入れるのに、ちょうどいいようです。

役立つプレゼントでよかったと思います。かわいいです!

 

※出資金は「店づくり・宅配事業・福祉や環境」などにいかされ、
 組合員のサービス向上につながります! ・・・とのこと。

 出資配当がつきますが、2019年度分は下がりました。

 0.12%(税引き後0.09%)   債券の年利も下がりましたね〜

 

 

JUGEMテーマ:コラム

さくらんぼ

- comments(0) - 2月の誕生石

くだものの中で一番好きなのが「さくらんぼ」です。

子どものころはお腹いっぱいに食べていたのに、

大人になってからはお腹いっぱいに、という訳にはいきません。

お値段が高いせいでしょうね。

 

子どものころは、家にサクランボの木が1本ありました。

柿の木が1本とリンゴの木が数本ほど。

家族だけで手入れと収穫ができていました。

もちろん子どもも手伝います。

家から少し離れたところに畑がありました。

歩いて行ったり、自転車で行ったり、

リヤカーに積んできたり・・・

新聞紙でリンゴにかける袋を作ったりもしました。

父が病気になってからは畑を手放したようです。

サクランボを洗ってボールに入れ、

そのボールを抱えて食べたものです。

食べ過ぎるとお腹をこわすよ、と注意されながら。

 

今は、遠くにいる親戚などに春はサクランボ、秋はリンゴを送っています。

両方とも山形産ですね。

山形はくだものの宝庫です。これからはぶどう、桃、スイカ、メロンなど・・・

たのしみがふえます。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

「月山の雪」♪〜♪

- comments(0) - 2月の誕生石

昨日の河北新報「河北春秋」に・・・

”全国区ではないが、地元でおなじみの歌が各地にある。山形県スポーツ県民歌「月山の雪」もその一つだ。<月山の雪 紅そめて>の出だしに反応し、思わず口ずさむ「県人」もいるだろう。明朗で力強い曲は福島市出身の作曲家古関裕而の作。1948年(昭和23年)の日本陸上競技選手権大会の山形開催に合わせ誕生した。作詞は西条八十が手掛けた。全国に名だたる霊峰月山を冠した県民歌は、戦後復興期の気概とスポーツの素晴らしさを高らかに謳い上げる。<朗らかに明けゆく 新生日本(中略)今さきがけて 我ら起つ・・・> 52年に宮城、山形、福島3県で開かれた「みちのく国体」でも演奏された。1〜4番の末尾<ヒップ ヒップ フレー>はお尻ならぬ、英語の掛け声で「それ行け」「万歳」を意味する。山形県ではこの歌を懐かしみ、ラジオ番組へのリクエストが増えているという。古関がモデルのNHK連続テレビ小説「エール」は、新型コロナウイルスの影響で29日、いったん中断される。スポーツ大会も中止、縮小が相次ぐ。<ヒップ ヒップ>と弾む古関メロディ−。世代を超えて、いま見えない敵と懸命に闘う人たちに送るエールである”

 

”思わず口ずさむ・・・” そんな一人です。

小学生のころ、運動会などで頻繁に歌わされた(そう感じていたので)曲の素性を

初めて理解しました。(先生は説明していたのでしょう)

歌詞の意味を理解しないままに歌っていましたね〜。

小学校の校歌もそうです。

とても ”難解な歌詞” なのです。(今も変わらずのようです)

市内の小中学校の講堂(体育館)には上杉謙信公と上杉鷹山公の肖像画が

舞台左右の袖壁に掲げられていました。

当時の肖像画はとてもこわく(小学生が感じた)、背筋がピンとなったものです。

いつの頃からか、やさしい画風に変わっていました。(威厳が?)

故郷に郷愁を感じたひとときでした。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

おうちで映画鑑賞

- comments(0) - 2月の誕生石

”映画って、いいなぁ〜” の1週間・・・

何となく見るのではなく、「鑑賞する」のがいいです。

 

「ファイヤーフォックス」1982年

  クリント・イーストウッド

「伊豆の踊子」1974年

  山口百恵、三浦友和(二人の初共演作品)

「情婦」1957年

  マレーネ・ディートリッヒ、タイロン・パワー、チャールズ・ロートン

「引き裂かれたカーテン」1966年

  ポール・ニューマン、ジュリー・アンドリュース

「新・夕陽のガンマン 復讐の旅」1967年

  リー・ヴァン・クリフ、ジョン・フィリップ・ロー

「フライトゲーム」2014年

  リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア

「真昼の用心棒」1966年

  フランコ・ネロ

「ビッグケーヒル」1973年

  ジョン・ウェイン、ジョージ・ケネディ

「天城越え」1978年

  大谷直子、佐藤慶、鶴見辰吾

「キングコング:髑髏島の巨神」2017年

  トム・ヒドルストン(声:GACKT)

 

新型コロナウイルスの感染者が少なくならない状況です。

東京では50人前後の高水準が4日連続。

海外ではアメリカの感染者数が1日あたり4万人・・・

人と人との接触が注意を要しますね。

怖いので、まだ自粛した生活を送っています。

そんな毎日なので、映画鑑賞は欠かせません。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

かんたん電子印鑑

- comments(0) - 2月の誕生石

今のところ使う機会はありませんが、画像として保存しています。

 

「Power Point 」で画像を作成します。

a. 図形の挿入:楕円(Shiftキーを押しながら描くと正円になる)

 塗りつぶしなし、枠線赤色、線の太さを少々太くする

b. 縦書きテキストボックスに名前を入力、文字を赤色に

 フォントは自由に選ぶ、塗りつぶしなし

c. aとb を重ね、円の方を最前面にする

d. グループ化する(範囲選択するか、Shiftキーを使って)

e. 図の上で右クリック→「図として保存」(PNG:ピング)

 

フリーソフトを使う方法もあるようですが、

日常的に使う場合は「クリックスタンパー」をダウンロードするといいでしょう。

フリーフォントもいろいろあるようですね。

書類作成の機会がない私にとっては、これで十分です。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

マスク美人

- comments(0) - 2月の誕生石

いつも行く歯医者さん、

 先生のほんとうの顔を知らない。声はわかるけど・・

初めて担当になった美容師さん、

 数回後、マスクをはずして担当された。

 初めてその方の顔を知った・・・

金融機関の窓口の美しい女子行員さん、

 冬に行ったとき、マスクをされていた。

 口(くち)マスクだった。鼻がみえる・・

 せっかくの美人が・・・・・残念。

 

慣れ親しんだ人は、マスクをつけていても認識できます。

あいさつもできるし、言葉も交わせます。

初対面の場合、顔の半分以上を隠した状態でお目にかかりますが、

その方の顔はわからないし、覚えることもできませんね。

たいてい、顔から人柄やそのときの感情を読み取りますが、

マスクは、それも困難にするということに。

 

マスク着用による肌荒れや消毒による手荒れなど、

肌トラブルになかなか慣れない昨今です。

 

新しい生活様式、定着しないほうがいいなぁ〜

ささやかな願いです!

お人形さんにもマスクをつけてみました。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

写真のモザイク

- comments(0) - 2月の誕生石

写真のモザイクって、やったことがありませんでした。

あまり必要とも思わなかったので。

ようやく知ることができ、感激しています。

顔写真をネットに載せるときに便利ですね。

「ペイント」を使います。

➀「選択」をクリック 

範囲を選択してマウスから離す 

H楼呂鮟名(右下角から左上にマウスで小さくする) 

ぞさくなった範囲の右下角を元に戻す

出来上がった写真がこれ!

便利な機能をひとつ覚えました。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

沖縄「慰霊の日」

- comments(0) - 2月の誕生石

今日、6月23日は沖縄「慰霊の日」

20万人以上が犠牲になった沖縄戦から75年、

今年の式典は新型コロナウイルス禍を受け、縮小にて開催。

 

沖縄を訪れたのはちょうど20年前のこと。

美しい海に面した摩文仁の丘に平和祈念公園がありました。

沖縄戦で亡くなった人々の氏名が刻まれた「平和の礎」に圧倒されたものです。

その時の写真が残っていました。(フィルムカメラかインスタントカメラでしょう)

今日の式典で、高校3年生が自作の詩「あなたがあの時」を朗読しました。

・・・(中略)・・・ 
   ”あなたが声を上げて泣かなかったあの時
  あなたの母はあなたを殺さずに済んだ
  あなたは生き延びた”

・・・(中略)・・・

   ”あなたがあの時
  前を見続けてくれたおかげで
  この島は今 ここにある”

・・・(中略)・・・

 

命がきらりと輝く詩だと思いました。

まっすぐ 前を見据え、平和な世界・平和な未来に向けた

若者らしいピュアな思いが伝わってきました。

ともに手を携えてがんばりましょうね。

 

「平和の火」は、世界の恒久平和を願い、沖縄戦で米軍が最初に上陸した座間味村阿嘉島で採取した火と、広島市の「平和の灯」、長崎市の「誓いの火」からそれぞれ分けられた火を合わせ、毎年慰霊の日に灯されるとのこと。種火は平和の広場の地下に大切に保存されています。

※Wikipediaよりキャプチャーしました

 

 


 

JUGEMテーマ:コラム

接触確認アプリ

- comments(0) - 2月の誕生石

県内では、新型コロナウイルス感染確認がしばらくありませんでしたが、

今月に入ってから2人の確認がありました。累計で90人となりました。

厚生労働省が6月19日に配信を開始した、接触確認アプリをインストールしてみました。

アンドロイドのスマートフォンですが、意外と簡単にできました。

個人情報の登録はないので大丈夫ですね。

自分がもし陽性と診断された場合にはこのアプリで登録すれば、

過去2週間に濃厚接触した可能性のある相手のアプリに反映されるらしい。

しかし、多くの人がこのアプリを利用しないことには、無駄になってしまいますね。

今日現在、アプリのダウンロード数は326万・・・もっと広めなければ。

・・・アプリのマークは厚労省のマークです。

※厚生労働省シンボルマーク〜HPよりキャプチャーしました

 

JUGEMテーマ:コラム

おうちで映画鑑賞

- comments(0) - 2月の誕生石

外出しない生活にすっかり慣れ、

”おうちで映画鑑賞” が日課になってしまいました。

ここ1週間で見た作品・・・

「病院坂の首縊りの家」1979年

  石坂浩二、桜田淳子、佐久間良子

「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」1986年

  クリント・イーストウッド

「めまい」1958年

  ジェームズ・スチュアート、キム・ノヴァク

「2012」2009年

  ジョン・キューザック

「老人と海」1958年

  スペンサー・トレーシー

「ウェスタン」1968年

  チャールズ・ブロンソン、クラウディア・カルディナーレ、ヘンリー・フォンダ

「ニューヨーク東8番街の奇跡」1987年

  ジェシカ・タンディ、ヒューム・クローニン

「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー Part 2」1989年

  マイケル・J・フォックス

「エンド・オブ・キングダム」2016年

  ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン

「GODZILLA ゴジラ」2014年

  アーロン・テーラー・ジョンソン、渡辺謙

「ア・フュー・グッドメン」1992年

  トム・クルーズ、ジャック・ニコルソン

「ジェラシック・パーク」1993年

  サム・ニール、ローラ・ダーン

 

”映画って、いいなぁ〜” の1週間でした。

アラン・ドロンの作品が見たいのですが、なかなか放映されません。

見逃しているのでしょうか?

さて、明日からの作品にもワクワクします。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

「ウイルス・バスター隊」

- comments(0) - 2月の誕生石

市内の中学校で「ウイルス・バスター隊」が編成されていることを知りました。

新型コロナウイルス感染防止に向け、

保護者や地域の人たちが校内の消毒作業などに協力するというもの。

「ウイルス・バスター隊」は、放課後に教室内の清掃(床のモップがけ、机や椅子など)

保護者ら60名ほどが登録し、活動初日は19名の参加を得たそうです。

登校時に生徒が持参した検温表のチェックを担う「検温はかり隊」は、

PTA役員の協力によるもの。

学校再開にあたり、教室の消毒や生徒の検温などが学校に求められています。

教職員の負担が一段と大きくなっており、このような協力があることはすばらしいです。

これを機に、数多くの学校で取り組まれるといいですね。

PTA有志がマスクを手作りして、子どもたちにプレゼントしたという学校もありました。

 

若いころのPTA活動のことが思い出されました。

子供の幼稚園から中学校まで、11年間PTAの活動を行いました。

「PTAは学校の応援団」と、当時のPTA会長が言っていたものです。

先生方がスムーズに児童生徒の教育活動ができるように、

親たちが側面からサポートするのです。

役員のなり手がだんだん少なくなっていたころでした。

今はどうなっているのでしょうね。

当時実施していた活動で現在も継続されているものもあり、懐かしく思います。

保護者による体育館の清掃(用具置き場、ギャラリーや高い窓など)もありました。

町内会といっしょに年に1回、学区内の通学路のゴミ拾いというのもありました。

 

これからの学校での学習、運動、情緒に関する活動など、課題山積です。

まずは、少人数学級が実現されていくでしょうか。

さまざまなことがリセットされるのだと思います。

※今日の雨に濡れた 庭の紫陽花

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

未確認飛行物体 in 宮城

- comments(0) - 2月の誕生石

UFOですね・・・

「未確認飛行物体」ですが、飛んでいないです。

テレビのニュースによると、朝早くから白い物体が浮かんでいるとの情報が多数寄せられたそうです。

白い物体の下には十字型の機器のような物がぶら下がっています。

気象庁によると、気球の形状や機器のようなものを見ても、気象庁の観測気球ではないとのこと。

仙台空港の周辺空域を管轄する東京航空局仙台空港事務所には、事前の連絡は受けていないそうで、

今のところ、航空機の運航に影響はないけれど監視を続けるとのこと。

1日かけても、だれが何のために飛ばしたのかわからないとは、不思議な出来事です。

山形と福島でも見えていたようです。

(今日は外に出ていないので、私は見ていませんでした)

明日になったら、わかるでしょうか?

※ KHB東日本放送のHPよりキャプチャーしました

 

「ナニワ・モンスター」

- comments(0) - 2月の誕生石

「河北新報」の書籍を紹介するコーナーに興味深い本がありました。

ジャーナリストの津田大介さんが、”今こそ読まれるべき大傑作”と言っておられたのが

海堂尊氏の「ナニワ・モンスター」・・10年前に書かれた小説

 

”海外で広まった動物由来の新型インフルエンザが日本に持ち込まれる。その感染症は伝播力が強く、国民に免疫がないため感染拡大しやすい特徴があり、基礎疾患のある患者や免疫低下者に重症化リスクもある。国内で感染経路不明の患者が出た段階で水際作戦は意味がなくなるにもかかわらず、・・・・感染が疑われる患者であってもPCR検査を渡航歴のある人間に限定した。・・・・” 

 

このような内容の紹介が記されていると、大いに興味がわきます。

新潮文庫から出ていたので、買ってみました。ちょっとだけ読み始めたばかり。

「ペスト」も現在の新型コロナウイルス感染と通じるところが多いですが、

この本は最近の作品であることから、今こそ読まなければ!

 

 

JUGEMテーマ:コラム

おうちで映画鑑賞

- comments(0) - 2月の誕生石

”映画って、いいなぁ〜” と実感の毎日です。

1日1本は、好みの映画がテレビで放映されます。

以前からそうだったのでしょうか?

今は一生懸命、作品と向き合っています。

ここ1週間で見た作品・・・

「マディソン郡の橋」1995年

  クリント・イーストウッド(監督・主演)

「女王蜂」1978年

  石坂浩二、中井貴惠

「知りすぎていた男」1956年

  ジェームス・スチュアート、ドリス・デイ

「ダ・ヴィンチ・コード」2006年

  トム・ハンクス、ジャン・レノ

「心の旅路」1942年

  ロナルド・コールマン

「夕陽の挽歌」1971年

  ウィリアム・ホールデン、ライアン・オニール

「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」1985年

  マイケル・J・フォックス

「エンド・オブ・ホワイトハウス」2013年

  ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン

「キャプテン・フィリップス」2013年

  トム・ハンクス

 

懐かしい作品、何度でも見たい作品と再び出会えて幸せです。

明日から、どんな素敵な作品に出会えるでしょう?

 

 

JUGEMテーマ:コラム

  • 1
  • Check
無料ブログ作成サービス JUGEM