PC便利機能「クィックルック」

- comments(0) - 2月の誕生石

QuickLook というソフト・・・画像などサムネイルを選択してスペースキーを押すだけで、拡大されて表示される・・・

拡大して見るだけ〜なのかと思ったら、上部の「Open With」をクリックしたら、「ファイルを開く方法」〜フォトやペイントなどで編集できました。これもかなり便利のようです。

 

Microsoft Store からダウンロードする必要があります。(無料ソフト)「QuickLook」と検索すると、入手のページがあり、インストールできました。私のPCのせいでしょうか、ちょっと時間がかかりました。(台所で洗い物ができました)

 

※大相撲 遠藤関が休場となりました(とても残念ですが、どうかお大事に!)

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

ドキドキ大相撲

- comments(0) - 2月の誕生石

大相撲秋場所が13日から始まっています。ハラハラドキドキの15日間を迎えています。

今場所も東京で開催、観客も4分の1の2500人。歓声は上げずに拍手のみ。みんなマスク着用。

さらに2人の横綱が休場という、めずらしいことに。そしてコロナ感染者が出ている玉ノ井部屋の全員が休場という異例の場所です。

 

さて、ごひいき遠藤は小結に返り咲き、初日大関朝乃山をすくい投げで破り、調子のいいスタートを切っています。2日目・3日目は破れましたが、今日はすばらしい力ずもうを見せてくれました。対戦相手は小結隠岐の海、寄り切りで破り、見ている方も力が入った一番でした。2年ほど前に、体重差50キロの逸ノ城を破ったときもものすごかったのを思い出しました。

炎鵬が元気ないのが心配。新入幕の翔猿(とびざる)が元気がいい。けがで落ちていた宇良(うら)は幕下5枚目まで上がってきて、結果次第で十両も目の前でしょう。

 

※明日は待望のアラン・ドロンが出ている映画が上映されるようです。楽しみです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

「ピクチャー イン ピクチャー」

- comments(0) - 2月の誕生石

You Tube を見ながら・聞きながら、Word や Excel での作業、別のインターネット画面を操作することができます。「ピクチャー イン ピクチャー」というもの。これは便利そう。これを知るまでは、2つの画面を左右に分割して表示させたり、画面の裏で動いている「声」だけを聞いていましたが、これからは動画も見ることができます。すばらしい機能です。

 

You Tubeを起動し、右上の♪がついたマークをクリックします。

 「音楽・動画・その他のメディアを操作します」

△修硫爾法△海里茲Δ壁充┐出るので、四角い窓をクリックします。

 「ピクチャー・イン・ピクチャーを開始」

 

You Tube 画面は黒くなり「ピクチャー イン ピクチャーを再生しています」と表示

 右下に小さく同様の画面が出ています。You Tube は最小化します。

ぢ召離ぅ鵐拭璽優奪伐萍未△襪い Word や Excel のシートを起動させると、小さなYou Tube 画面が左上に出ます。

 画面の大きさや位置は自由に変更できます。(どこをつかんでもOK)

ァ岼貉停止・再生・もう1回見る」の操作ができますし、「タブに戻る」(四角)で元の You Tube 画面に戻ります。

 

音楽や講演会を聞きながら、パソコンの操作が同時にできるのは便利です。

これも使っていきたい便利な機能ですね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

便利発見〜Google レンズ

- comments(1) - 2月の誕生石

毎日手にするスマートフォンですが、駆使しているとはほど遠く、便利な機能はほんの少ししか使っていないのだと思います。カメラは便利で、今やデジカメは棚の中〜出番がありません。検索は場面に応じて、PCとスマホ両方で使っています。たまたまGoogle Lens なるものを発見。これは便利のようです。

 

「身近なもの、目の前にあるものを調べることができるサービス」だそうで、カメラをかざし(もしくはすでに撮影されている写真)、画像からさまざまな情報を読み取ってくれます。たとえば「名前の知らない花」が、Googleレンズを使えば「何の花」なのか知ることができます。「テキストの読み取り」「翻訳」ができますし、コピー貼り付けも可能です。しかもPCに貼ることができ、感激しました。

まずは、Google レンズ アプリをダウンロードして、インストールしました。

▲▲廛蠅魍き、検索したいものにカメラレンズを合わせ、シャッターボタンをタップすると検索できます。

1儻譴覆匹遼殘もします。な源の読み取り・手書きでも読んでくれます。

コピーする部分をタップして選択すると、クリップボードにコピーされ、「メモ帳」などに貼り付けができます。

パソコンのGメールを起動させていると、PCのメモ帳やWordシートに貼り付けができます。・・・すごい!

また、すでに撮影している写真からも検索ができます。

Google フォト アプリ フォト を開き、写真を選択、Google レンズ アイコン Google レンズ をタップします。写真の内容に応じて、詳細の確認や類似商品の検索ができます。・・・これは便利! 日々の暮らしに応じた使い方をたのしみましょう。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

おうちで映画鑑賞

- comments(0) - 2月の誕生石

”映画って、いいなぁ〜”  ここ3週間で見た作品 ・・・

 

「アビス」1989年 SF映画

  ジェームズ・キャメロン監督

  エド・ハリス

「ミッドナイト・イン・パリ」2011年

  オーウェン・ウィルソン

「遠すぎた橋」1977年

  ショーン・コネリー、ローレンス・オリヴィエ、ロバート・レッドフォード、

  ライアン・オニール

「追想」1956年

  イングリッド・バーグマン、ユル・ブリンナー

「アパッチの怒り」1954年

  ロック・ハドソン

「続・夕陽のガンマン」1966年

  クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリフ

「鉄道員」1956年

  ピエトロ・ジェルミ

「S.W.A.T.」2003年

  サミュエル・L・ジャクソン

「オデッサ・ファイル」1974年

  ジョン・ボイド

「ロミオとジュリエット」1968年

  オリビア・ハッセー、レナード・ホワイティング

「新夕陽のガンマン 復讐の旅」1967年

  リー・ヴァン・クリフ、ジョン・フィリップ・ロー

「ネバタ・スミス」1966年

  スティーブ・マックィーン

「ピースメーカー」1997年

  ニコール・キッドマン、ジョージ・クルーニー

 

青春時代を思い起こさせる映画に、ニンマリ・・・

生まれた頃に作られた映画も・・・

”戦いばかりやっている地球、自然界は怒っているよ!”と、思わせてくれる映画。

人間のやさしさ、思いやり、地球を大切にしたいという思いが、地球を救うのだと思う。

どの時代の映画も ”すばらしい” ・・・楽しんでいます

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

紙製パッケージ発見

- comments(0) - 2月の誕生石

プラごみが海洋汚染の原因の1つとして取り上げられ、プラスチック製品が敬遠される気風があります。

しかし、手軽なプラ製品からの脱却はむずかしいようです。まずは、プラ製品のポイ捨てをなくすこと。適切なごみ処理が行われればいいのですが、なかなか道徳的な行動につながらないのが残念です。(ほとんどの人は適切処理をしていると思いますが・・・)

 

プラスチック製ストローから紙製に変わったり、レジ袋の有料化(今年7月から実施)で啓蒙の役には立っているようです。

お店では、野菜や果物などのばら売りを行っていましたが、コロナの影響でパッケージ詰めに逆戻りしています。

そんな中、キャンディのパッケージが「紙」でできているものがありました。

プラスチック製造・焼却時に排出される温室効果ガスの削減になります。また、印刷のインキに植物由来原料を使用したバイオマスインキを採用し、CO2排出量の削減に効果があるようです。

 

このように企業がさまざまな工夫を行うようになれば、私たちの消費行動も大きく変わるかもしれません。

購入するときに気にかける、適切なごみ処理・・・日頃からできることですね。

 

 

※身近な草花・・・

夏から秋にかけてつける花穂が犬の尾に似ていることから「犬っころ草」が転じて「エノコログサ」という呼称になった「ネコジャラシ」・・・

 

JUGEMテーマ:コラム

『新コロくん』・・続き

- comments(0) - 2月の誕生石

8月29日に関連して・・・

新コロくんの曲ができていました。(初お披露目:歌詞付き)

曲・詞:桑山紀彦さん

心が動くと曲ができてきた通り、昨今の感染症がテーマです。

「映像と曲で伝える」スタイルが変わらずです。(曲に乗せる映像は作成中)

クスッとなるような歌詞です。

暗くなって縮こまることなく、新コロくんとうまく付き合っていかねば。

※You Tube ライブ配信「地球のステージ」9月4日 よりキャプチャーしました

https://youtu.be/YqnOCyCK0H0

最後の方で新コロくんの曲が聞けます。

”「新型コロナウイルス」という共通言語を得た今こそ、国際協力・国際協調の気持ちを高めていきましょう” が印象的です。

 

またまた追加〜9月9日に映像付きでVer.1ができていました

「明日へのエール」

 

 

JUGEMテーマ:コラム

PC便利機能「クリップボード」

- comments(0) - 2月の誕生石

文字や文章、画像などをコピーや切取りして貼り付けるときの便利機能。

『一時的に保管しておくとき』や『後からまた使う』『しばらく残しておく(ピン留め)とき』に便利です。

キーボードのウィンドウズマーク(下の左方に窓のマーク)+「V」を押すとクリップボードが表示される。

有効になっていないときは、「設定」→「システム」→「クリップボード」→「オン」

有効になれば、コピーした画像や文字が一保管されるので、Windowsマーク + V  でクリップボードが表示される。貼り付けたいものをクリックすると即座に貼り付けられる。「・・・」で削除やピン留め、すべてクリアの操作ができる。

スクリーンショットも一時保管ができる。Windowsマーク +Shift + S  使い方は同じ。

 

関連して、上記の「クリップボード」設定の説明書き〜スクリーンショットで画像にしていますが、文字が画像になっていて、文字(テキストとして)を編集できないと思っていました。かつて、施設などを訪問した際、文字で表示されている説明書きを写真に撮ってきて、1文字ずつ手打ちしていましたが、テキスト(文字)にする方法がありました。Google ドライブを使います。(アカウントが必要ですが)かなりの精度で文字にしてくれます。試しに、上記のクリップボード説明文をやってみました。Google ドライブに画像(文字のある)をドラッグすると「1個のアップロード完了」と出ます。画像の上で右クリック→アプリで開く→Googleドキュメントをクリック・・・画像の下方にテキスト(文字)が表れます。普通に範囲選択してコピー・貼り付けができます。

判読が困難だった箇所(○印)もあるようですが、上出来です。

これで、写真に撮ってきたものをプリントして、自分で手打ちしなくてもコピーするだけとは!これからは使っていきましょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

『新コロくんと人類』

- comments(0) - 2月の誕生石

全世界を悩ませている新型コロナウイルス・・・感染者は全世界で2400万人を超え、亡くなった方は83万人超となりました。日本では感染確認者が6万人を超え、真夏の今もマスクが手放せません。児童生徒の短い夏休みが終わり、暑い中、熱中症も心配です。

 

小中学生にわかりやすく新型コロナを解説している動画があります。精神科の先生が作成していますので、子どもたちの心のケアにも重点が置かれています。感染した人への誹謗中傷が問題視されている昨今です。芸能人やスポーツ選手、政治家も感染するという、だれでも感染してしまうわけですから、あたたかく見守り、回復してからの対応も大切ですね。

 

https://www.youtube.com/watch?v=jigjIRX3qu0

こちらは小学生版です。(26分間)

 

https://www.youtube.com/watch?v=zEGvFu7-7t4&list=LLWpRMae9-_tfmaTi9SIMYVg&index=2&t=0s

こちらは中学生版です。(23分間)

 

Web の説明書きによると・・・・

これは新型コロナの時代をどう生きていくのか、特に心の健康を得るために制作した教材です。別途「利用のためのハンドブック(全8ページ)」もあり、学校の先生が1時間の授業の中で取り組めるように制作しました。お問い合わせはNPO法人「地球のステージ」までお気軽にご連絡下さい。<メール: stageone@e-stageone.org >

 

昨日、安倍首相が退陣を表明され、昨夜から今日にかけていろいろな動きがあります。2月からずっとコロナ対応でたいへんご苦労されていました。病気は辛いです。健康が第一ですので、今後は治療に専念していただきたいですね。いろいろ問題がありましたが、長い間お疲れ様でした。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

ドイツで活躍、長谷部さん

- comments(0) - 2月の誕生石

長谷部誠さん・・・

 

サッカー元日本代表キャプテン、現在はアイントラハト・フランクフルトで活躍中です。ドイツに渡ってから12年半、走り続ける36歳。昨日の河北新報スポーツ欄に記事が載っていました。

 

”コロナ禍で醍醐味再確認・・・ドイツ1部は3月中旬から約2ヶ月の中断を経て、5月16日に世界の主要プロスポーツリーグの先陣を切って再開した。感染予防のため無観客。スタジアムから熱気が消えた。選手がボールを蹴る音が淡々と響き、「こういう中でサッカーをやる意味を考えてしまっていた」・・・困難な日々の中、ファンと同じ瞬間を分かち合うことがスポーツの醍醐味との思いを再確認した” ・・・”こつこつと積み重ねた努力はドイツ1部での出場記録更新という形で実を結んだ。17年3月にブレーメンなどで活躍した奥寺康彦の日本人最多234試合を抜き、今年今年6月にはアジア選手最多の308試合を塗り替えた。現在311試合出場”

”日本代表としてワールドカップ3大会に出場し、ベスト16に2度進んだ。・・・模範的なリーダーとの評価はドイツでも同じ。「36歳でもチームの重要な柱でいられるのは、規律正しさとプロ意識のたまもの」と賞賛される”

 

2011年に幻冬舎より、「心を整える。〜勝利をたぐり寄せるための56の習慣」を出版しています。

あとがきに ”僕自身、自分が未熟で弱い人間だと認識したいるからです。・・・心の準備に神経と時間を費やします。・・・自分自身の弱さを認め、それと向き合って生きていくというのが自分に向いていると考えます。・・・強がってばかりいてもすぐに一杯いっぱいになってしまいますし、自分の弱さを知ってこそ、人は他人に優しくなれるのではないでしょうか・・・・”

 

今から9年前のことです。サッカーファンではないけれど、あこがれてしまいますね。ハンサムでかっこいいもの。

プロのサッカー選手でありながら、ボランティアにも熱心です。本の印税やイベント収益金などをユニセフに寄付し、東日本大震災で被災した南三陸町のあさひ幼稚園が再建されました。毎年園を訪れて園児たちと交流していましたね。

そのようなこともあり、2016年には日本ユニセフ協会の大使に就任。世界の困難な状況に置かれている子どもたちを励ましています。帰国したらテレビに出てくれるといいですね。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

おうちで映画鑑賞

- comments(0) - 2月の誕生石

”映画って、いいなぁ〜”  ここ2週間で見た作品 ・・・

 

「クイール」2004年

  椎名桔平、小林薫

「ハドソン川の奇跡」2016年

  クリント・イーストウッド監督

  トム・ハンクス

「あゝひめゆりの塔」1968年

  吉永小百合、浜田光夫

「さすらいのカウボーイ」1971年

  ピーター・フォンダ、ウォーレン・オーツ

「となりのトトロ」1988年

 

「太陽の子」NHK今年

  柳楽優弥、三浦春馬

「遙かなる大地へ」1992年

  ニコール・キッドマン、トム・クルーズ

「戦場のピアニスト」2002年

  ウワディスワフ・シュピルマン原作

  エイドリアン・ブロディ

「ガス燈」1944年

  イングリッド・バーグマン

「愛と死の記録」1966年

  吉永小百合、渡哲也

 

8月のこの時期、「火垂るの墓」の上映がなかったのが残念です。

戦争を経験していない私たちにとって、実体験を元にした映像から、想像力を持って戦争の実相を知る必要があります。特にアニメは見やすい媒体です。「この世界の片隅に」のアニメも放送されましたが、数回劇場で見ていたので、今回はパスしました。途中まで見たのですが、「ことば」がわからず(方言)、聞き取ろうとする力を要し、とても疲れたのです。劇場のときはそのようなストレスは感じなかったのに、不思議です。(年齢が関係してきたとすると怖いですね)

 

NHK「太陽の子」は戦時中の科学者のことを取り上げており、柳楽くん、三浦春馬くん(なんで死んじゃったの?と、映像と重ねてしまい、とっても悲しくなりました)の好演がよかったです。科学の力を、人を抹殺する武器ではなく、平和のために使うべきと確信がもてる作品です。多くの若い人たちに見てほしい作品です。

綾瀬はるかさんの、「高校生と広島原爆を考える」というテレビの企画も、現代の若者たちへのメッセージとなっているので、見てほしいですね。メディアではいろいろ発信していても、受け取る側が自らアクセスしないともったいないですね。

 

今日は例年なら町内会の夏祭りでしたが中止。夏らしいことは、「猛暑」でしょうか。(今日は少し涼しい)

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

機能豊富な「代車」

- comments(1) - 2月の誕生石

現在、車検中で慣れない代車に乗車しなければ・・・

2年前の車検時もそうでしたが、新しい便利な機能がついた車が貸し出されます。

だ〜いぶ昔は、乗りにくい古い車が代車として出されたこともありましたが、今は発売から2年以内の車を貸し出す事になっているとか。

うちの車はもう9年前のものなので、日々進化する現代の車とは雲泥の差。

現代の車〜まず、うるさい。警告音がよく鳴る。サイドミラーに出る警告のマークも目障り。スピードメーターはデジタルで見づらい。透明の小さなボードに表示されるのも目障り。走行中の道路の制限速度が表示されるのは便利かも。透明のアクリル板そのものにめまいを覚える。シートベルトを早めに外すと大きな警告音がいつまでも鳴っている。(駐車するまでベルト着用なのだから、ね)走行中にサイドミラーの開閉はできないのかな?エンジンを切って車外に出たら勝手に閉じていますが。もっと大きなお世話なのが、バックモニター。老眼なのでよく見えないし、目の焦点をあわせにくい。こちらもめまいがしそう。やはり目視に限る。・・・と、新しいものになじめないシニアの私です。(夫はかなり気に入ったようですが・・・)

 

連日の猛暑。新しい代車でドライブできるけれど、その気力がでません。暑すぎです。

水分を十分に取っていますが、水中毒にならないように塩分の補給も考えていますよ。

経口補水液を作って冷蔵庫に入れています。

500mlの水に《砂糖小さじ3、塩小さじ1/4強》を入れて混ぜます。

これは熱中症予防、脱水症予防になります。普通の水よりも早い速度で体に吸収されます。

 

慣れたら便利なバックモニターなのでしょうね。

慣れる前に、明日は車検が完了します。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

8月15日

- comments(0) - 2月の誕生石

8月15日。日本における戦争の歴史に終止符が打たれた日。その日から75年です。

 

早乙女勝元氏(作家)がテレビに出演されました。昨日14日のこと。

1970年に「東京空襲を記録する会」を起こし、東京大空襲(3月10日)をはじめ戦争による民間人の被害の実相を明らかにし、伝えていくこと。そして戦争の惨禍を二度と繰り返すことなく、平和な世界を築くために活動されてきました。2002年から「東京大空襲・戦災資料センター」の館長を2019年まで務められ、現在は名誉館長となっています。御年88歳、凜とした元気なお姿に、私にも勇気が湧いてくるようです。1945年のはじめころ(12歳)に、当時働いていた軍事工場の先生からいただいたという「神風」と「日の丸」が記された「はちまき」を持参されました。75年前のものです。”日本は神の国、戦争に負けるはずがない” という教育を受けたこと。人は教育により、どうにでもなるものです。洗脳は容易です。しみじみ教育は大切だなぁ〜、と思います。

 

現在は、戦後生まれの人が85%だそうです。語れる人が少なくなっていますが、記録や映像などで実相を伝承し、平和な世界を実現するよう皆で努力しなければなりません。伝承の活動に携わっている若い世代の方々がいること、光が見えます。想像する力を養い、平和を実現しましょう。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

 

おめでとう! 遼くん

- comments(0) - 2月の誕生石

囲碁のこと・・・一力遼くんは、仙台市出身の23歳。

 

「囲碁夏の陣」と呼ばれる第45期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第3局が本日行われ、3連勝で初の碁聖を奪取しました。一力新碁聖の七大タイトル獲得は初めてのこと。親しげに遼くんと呼ばせていただくのは、かつてお仕事でお世話になった方の息子さんだから。ご本人にお目にかかったことはありませんが、10代のころから気になる存在の青年です。5歳のころから囲碁を始め、2010年にプロデビュー(13歳)。2014年若手の国際棋戦、第1回グロービス杯世界囲碁Uー20で優勝。2017年八段に。プロ活動の一方で早稲田大学に進み今春卒業し、4月に河北新報社に入社し東京支社編集部に在籍、という異色経歴の持ち主。10代のころから活躍していたのに、メディアで大きく取り上げられないのが残念に思っていましたが、もうこれからはクローズアップされるでしょうか?かつて『情熱大陸』にも出演したことがあり、知っている人は知っているという存在。今後が期待される実力者です。

※Web 沖縄タイムス社の記事よりキャプチャーしました

 今日の対戦はマスク姿なので・・・

 

 

JUGEMテーマ:コラム

「焼き場に立つ少年」

- comments(1) - 2月の誕生石

今日は長崎原爆の日・・・

 

もう10年以上前のこと、仙台国際センター1階の展示室で「ジョー・オダネル原爆写真展 ”グラウンド・ゼロ”」が開催されました。主催団体名までは覚えていませんが、配布資料の一部を今でも持っています。以下がメッセージです。

 

「トランクの中の日本」 ジョー・オダネル 

 私は写真家であり、1945年の悲惨な原爆の犠牲者であり、また生き証人でもあります。原爆の体験をして以来何年もずっと、広島と長崎で起きた悪夢のような光景の大部分を忘れようとしました。それらの光景はとても恐ろしく精神的に悩まされるほどでした。だからそれらを忘れて元の生活に慣れなければなりませんでした。それで、日本から持ってきたネガは全てトランクに入れ、目の届かない所に保管してしまいました。同様に、日本での記憶も封じこめておきました。45年間ずっと・・・。
 ずっと後に、放射能を直接浴びたことで発見された私の白血病は、医学的に治療できなかったので、1968年ホワイトハウスを退職し、テネシー州のナッシュビルに転居しました。
 結局、私は1945年に目撃した原爆の恐怖からは、決して逃れられないだろうということに気づきました。私はそれからの現実を直視しようと決心しました。トランクのカギをはずし、もう一度、死んだ人、死にかけた人、負傷した人でいっぱいの悲惨な情景を見ました。これらの写真は全人類にみてもらい、この悲惨な情景は私の出来るかぎりの力で、世界の平和を導き、核戦争を終わらせるために、良い方向に役立たせるようにしなければならないと知りました。
 それで私はこの写真展を日本、アメリカ、ヨーロッパ各地で開催し、「Japan 1945…Images from the trank.」という本を書きました。そして何百回もの講演をし、会合に参加し、数えきれないくらいの人達に私の体験を話してきました。今年の9月に日本から帰国した時、日本に原爆が投下されて50周年の記念日は、とうとう過ぎ去ったのだと思いました。
 しかし、それで終わりというわけではありません。私は今や自分が多くの生命を奪った恐ろしいあのキノコ雲と同じような存在であると思っています。かなり見た目には違うでしょうが・・・。というのは、私のような小さな力でも、影響を与える範囲が広いという点で、よく似ているだろうと思います。原爆の写真展を世界中で行い続けることで、全人類に対して平和のメッセージを送ることができるということです。そして私たちの世代が死んでも長くこのメッセージは受け継がれていかねばならないと思います。なぜなら、このメッセージを受け取るべき、まだ生まれていない子供たちがいるからです。
 それで、私が生きている限り、私の体験を聞きたいという全ての人に話し続け、私の写真を見たいという全ての人に見てもらい、私の本を読みたいというすべての人に読んでもらおうと思います。なぜなら、1945年の8月の4日間に起きたあの恐ろしい出来事を二度と繰り返さないために、私たちの過去を思い出してもらえるよう、私たちができる限りの事をしなければならないからです。
未来の平和のために。”

 

ジョー・オダネル氏(米海兵隊従軍カメラマン)は、1945年9月から被爆地の広島・長崎はじめ全国の被災地を撮影。除隊後、ホワイトハウス大統領付カメラマンとして五代の大統領に仕えました。自らも爆心地の取材で被爆、入退院を繰り返すうち原爆投下の愚かさを痛感。1989年、トランクに閉じ込めていたネガを取り出し、世界各地で写真展を開き、核廃絶を訴え始めました。1995年にスミソニアン博物館で企画の写真展は在郷軍人の声などで中止となりました。2007年8月に85歳で亡くなりました。

 

「焼き場に立つ少年」〜少年は弟の亡骸を背負って仮の火葬場にやってきた。弟の小さな体を背中から下ろし、仮葬用の熱い灰の上に置いた。少年は兵隊のように直立し、顎を引きしめ、決して下を見ようとしなかった。ぎゅっと噛んだ下唇が心情を物語っていた。火葬が終わると少年は静かに背を向けその場を去った。・・・・・

 

この少年はだれなのか不明のままです。被爆しており、おそらく亡くなったのではないかと。

オダネル氏が撮影した「赤い背中の少年」は後に谷口稜曄さんとわかりました。谷口さんは2017年に88歳で亡くなるまで核廃絶に尽力されました。

 

世界の平和を願い、祈りの日々が続きます・・・

 

              

 

 

JUGEMテーマ:コラム

無料ブログ作成サービス JUGEM