紙製パッケージ発見

- comments(0) - 2月の誕生石

プラごみが海洋汚染の原因の1つとして取り上げられ、プラスチック製品が敬遠される気風があります。

しかし、手軽なプラ製品からの脱却はむずかしいようです。まずは、プラ製品のポイ捨てをなくすこと。適切なごみ処理が行われればいいのですが、なかなか道徳的な行動につながらないのが残念です。(ほとんどの人は適切処理をしていると思いますが・・・)

 

プラスチック製ストローから紙製に変わったり、レジ袋の有料化(今年7月から実施)で啓蒙の役には立っているようです。

お店では、野菜や果物などのばら売りを行っていましたが、コロナの影響でパッケージ詰めに逆戻りしています。

そんな中、キャンディのパッケージが「紙」でできているものがありました。

プラスチック製造・焼却時に排出される温室効果ガスの削減になります。また、印刷のインキに植物由来原料を使用したバイオマスインキを採用し、CO2排出量の削減に効果があるようです。

 

このように企業がさまざまな工夫を行うようになれば、私たちの消費行動も大きく変わるかもしれません。

購入するときに気にかける、適切なごみ処理・・・日頃からできることですね。

 

 

※身近な草花・・・

夏から秋にかけてつける花穂が犬の尾に似ていることから「犬っころ草」が転じて「エノコログサ」という呼称になった「ネコジャラシ」・・・

 

JUGEMテーマ:コラム

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM